デリケートゾーンの黒ずみは市販クリームで解消できる?【おすすめランキングTOP10】

デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみが気になって彼と距離が空いてしまっている。
友達と温泉、プールに行けない。
こんな悩みを抱えていませんか?

実は私もデリケートゾーンの黒ずみで悩みを抱える1人でした。
そんな私ですが、いろいろな市販クリームを試し、さまざまな解消法を試した結果、今では黒ずみが一切気にならないデリケートゾーンを手に入れることに成功したんです。

私がデリケートゾーンの黒ずみ対策で一番役に立ったのが市販クリームでのケア!
でも、市販のクリームってとにかく数が多い!一体どれがおすすめなの?
かつての私も悩んでいました。

そこで、私が実際に使用した「おすすめ度の高い市販クリーム」をランキング方式で紹介します。
それだけではなく、デリケートゾーンの黒ずみの原因や解消・対策方法も細かく説明しています。

このページの内容が、あなたのデリケートゾーンの黒ずみが綺麗になるきっかけになりますように!

デリケートゾーンの黒ずみの市販クリームおすすめランキング

デリケートゾーンの黒ずみ解消に欠かせないアイテムと言えばクリーム!ということで早速、デリケートゾーンの黒ずみの市販クリームのおすすめをランキング形式で紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみの市販クリームおすすめランキング|通販編TOP5

通販で買えるデリケートゾーン黒ずみの市販のおすすめクリームをランキングで紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリーム1位:イビサクリーム

通販のデリケートゾーン黒ずみ対策クリームとしてダントツの人気を誇るイビサクリーム。もともとはブラジリアンワックスの脱毛サロンが開発した製品でした。デリケートゾーンの黒ずみに特化した成分配合なので、集中して黒ずみケアをしたい!いう方におすすめします。医薬部外品なので使えばしっかりと効果を感じることができると安定の人気です。ビキニラインやワキの黒ずみでも使えます。

価格 7,000円(定期購入にすると初回4,970円2回目以降の購入で4,900円)
黒ずみケア成分 トラネキサム酸・グリチルリチン酸

口コミ

・ずっと使っています。1本目が終わるくらいからビキニラインの黒ずみが解消されてきました。(32歳女性)
・クリームなのにべたつかないので体中どこでも使えます。(29歳女性)
・ちょっと高いけどそれなりの効果があると思います。(30歳女性)

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリーム2位:アットベリー

黄色いボトルがかわいくて印象的なアットベリー。デリケートゾーンの黒ずみ対策のほかにニオイのケアまでしてくれるのが特徴です。また、保湿効果にも優れていてボディのニキビやサメ肌対策としても使えます。これだけの効果で初回は2,980円!コスパ抜群!というのがおすすめの理由です。

価格 6,500円(定期購入にすると初回2,980円 2回目以降4,980円)
黒ずみケア成分 プラセンタ・グリチルリチンさん2K・甘草フラボノイド・トウキエキス・エイジツエキス

口コミ

・クリームというかジェルに近い感触です。肌なじみ良く嫌なべたつきもないので気に入っています。(25歳女性)
・気になっていた足の付け根の黒ずみが気も気にならなくなりました。(27歳女性)
・着色料や紫外線吸収剤、アルコールやパラベンなど肌の負担になるものが一切入っていないのが嬉しいです。(22歳女性)

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリーム3位:ピューレパール

飽きのこないシンプルなボトルパッケージのピューレパール。ワキの黒ずみをはじめデリケートゾーンの黒ずみにも有効です。ピューレパールはもともとワキのニオイをケアする商品として開発されていたので、ニオイのケアも一緒にできてしまいます。購入して気に入らなかった場合には、いつでも返品できる永久返金保証制度があるのもおすすめの理由です。

価格 7,600円(定期購入にすると初回980円 2回目以降6,460円)
黒ずみケア成分 水溶性プラセンタ・グリチルリチン酸ジカリウム

口コミ

・デリケートゾーンのほかにワキの黒ずみにも効果がありました。(30歳女性)
・テクスチャーはクリームみたいですが肌に伸ばしたあとのべたつきはまったくありません。(29歳女性)
・ピューレパールと一緒に姉妹品のPULEPEARLを使うと一気に黒ずみが解消されました。(27歳女性)

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリーム4位:ハーバルラビット

ウサギのイラストが描かれたチューブタイプのハーバルラビット。デリケートゾーンの黒ずみケアをクリームとしては珍しくほんのりバラの香りがするのが特徴です。バラの香りと言っても人工香料ではなく、自然の精油から抽出した香料なので安心。バラの香りで癒されるので、お手入れタイムが楽しくなります。

価格 7,000円(定期購入にすると4,250円※クレジットカード支払い)
黒ずみケア成分 プラセンタ・ビサボロール・ビタミンC誘導体・米ぬかエキスを配合。

口コミ

・ウサギのイラストが可愛くてデリケートゾーン用のクリームというがバレにくいです。(23歳女性)
・チューブタイプなので携帯に便利。(25歳女性)
・可愛いウサギのイラストとは対照的に内容成分はしっかりしています。(33歳女性)

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリーム5位:ピンキッシュボーテ

ファッション雑誌などでも多く取り上げられているピンキッシュボーテ。バストケアとして使われることが多いのですが、デリケートゾーンの黒ずみにもOKです。美白成分が配合されているので体の気になる黒ずみ対策に使えます。ピンキッシュボーテは定期購入で契約すると初回は0円!というのもおすすめの理由です。

価格 7,560円(定期購入にすると初回0円2回目以降6,000円)
黒ずみケア成分 ビサボロール・加水分解コメぬかエキスを配合

口コミ

・ポンプ式なので1回の使用量が分かりやすいのが良いと思います。(29歳女性)
・デリケートゾーンの黒ずみが気になって使い始めましたが保湿効果も十分にあるので今では全身に使っています。(25歳女性)
・パッケージが普通の化粧品と変わらないので使いやすい。(22歳女性)

デリケートゾーンの黒ずみの市販クリームおすすめランキング|薬局編TOP5

仕事帰りや買い物のついでに気軽に立ち寄れる薬局やドラッグストアには、どのようなデリケートゾーンの黒ずみケアクリームが市販されていて人気なのか、ランキング形式で紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリーム1位:べっぴんボディバージンホワイト

全身の黒ずみどこにでも使えるべっぴんボディバージンホワイト。デリケートゾーンの黒ずみに特化している商品なので成分的にも黒ずみを解消するための成分が豊富に配合されています。ビキニラインや乳首をはじめ、ヒジやヒザなどの黒ずみにも効果が期待できます。薬局やドラッグストアで買えるデリケートゾーンの黒ずみをケアする専用のクリームは種類が少ないのが現状。そんな中でもこちらの商品はコスパ良し!成分良し!かなりおすすめ度が高いと言えます。

価格 1,000円前後
黒ずみケア成分 サクラ葉エキス・ダイズ種子エキス・カッコンエキス・アロエベラエキス・クロレラエキス

口コミ

・ドラッグストアで見つけて購入。金額的に気軽に使えるので気に入っています。(23歳女性)
・ビキニラインのザラザラがなくなりました。(27歳女性)
・この価格で黒ずみ対策ができるのは有難い!クリームだけどべたつかずに下着にも付きません。(30歳女性)

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリーム2位:メラノCC薬用しみ対策保湿クリーム

ドラッグストアなどでよく見かけるロート製薬のメラノCCシリーズ。本来は、顔に使用するためのものですがデリケートゾーンの黒ずみにも使えます。製薬会社から発売されている商品なので価格はお手頃でも成分は非常に優秀。有効成分の美白成分(高濃度ビタミンC)は、さまざまな要因でできてしまった黒ずみを解消するのに優れています。

価格 1,000円前後
黒ずみケア成分 ビタミンC誘導体・ビタミンE誘導体・アルピニアホワイトエキス

口コミ

・クリームだからべたつきが心配でしたが問題ありません。割とさっぱりなのでデリケートゾーンにも使えます。(19歳女性)
・デリケートゾーンの黒ずみを友人に相談したらメラノCCを勧められました。使って1年くらいでビキニラインの黒ずみとカサカサが改善されました。(22歳女性)

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリーム3位:キュレル美白クリーム

本来は顔用の美白と保湿クリームですが、敏感肌用の成分設計なのでデリケートゾーンに使っても大丈夫です。美白成分のほかに4種類の保湿成分が配合されているので、全身の黒ずみとカサカサを同時にケアできるのが嬉しいポイント。クリームの感触がとても気持ち良いのもポイント。肌に付けた瞬間からあっという間に浸透するのでお手入れの時間も短くなります。

価格 2,800円
黒ずみケア成分 カモミラET

口コミ

・最初は顔に使っていましたが今はデリケートゾーンの黒ずみに使っています。少しずつですがデリケートゾーンの黒ずみが解消されている気がします。(20代女性)
・クリームのテクスチャーが好きです。クリームというよりも軽いジェルのような感じです。(30代女性)
・通販で購入する黒ずみのクリームに比べたらお手軽ですしそれなりに効果を感じているので満足です。(20代女性)

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリーム4位:豆乳イソフラボンとろんと濃ジェル薬用美白N

本来は顔用のオールインワン化粧品ですがデリケートゾーンにも使えます。こちらの商品には、デリケートゾーンの黒ずみを解消するための高い美白成分、高濃度アルブチンと豆乳イソフラボンが配合されています。豆乳イソフラボンの作用には、硬く黒ずんでいる皮膚を柔らかくして、明るく透明感のある肌に導く効果があります。濃厚ジェルの感触でべたつかないけど肌にいつまでもしっとり感が残りプルプル肌が実現します。

価格 1,320円
黒ずみケア成分 高濃度アルブチン

口コミ

・手に取るとこってりしっとりとしたジェルですが肌になじませるとサラサラになります。(26歳女性)
・この価格帯で豆乳イソフラボンとアルブチンまで入っているのは嬉しいです。(25歳女性)
・ヒップの黒ずみが気になり使っています。なんとなく透明感が出てきた感じはあります。(24歳女性)

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリーム5位 ニベアプレミアムボディミルク ホワイトニング

全身の美白ケアができるニベアプレミアムボディミルクホワイトニング。肌に伸ばした感触は非常に軽いのに、潤いが長時間持続するのが特徴です。安定型ビタミンCが配合されているのでデリケートゾーンの黒ずみを解消する効果も期待できます。ただし、私的には好きな香りでしたが、若干香料が強い印象もあります。ですので、香料に抵抗があるという方にはあまりお勧めできません。

価格 800円前後
黒ずみケア成分 安定型ビタミンC

口コミ

・肌に伸ばした感触は気に入りました。この価格でデリケートゾーンのケアができるのは嬉しい。(20歳女性)
・デリケートゾーンの黒ずみが消えるかな?と使い始めました。黒ずみはまだ消えませんがヒップやビキニラインが滑らかな肌になりました。(22歳女性)

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリームおすすめまとめ

デリケートゾーンの黒ずみの市販クリームは「イビサクリーム」がおすすめです。
黒ずみ解消成分「トラネキサム酸」配合で、値段もそれなりに安く、人気もあります。

通販部門のデリケートゾーンの黒ずみクリームだとイビサクリームが優秀

通販部門ではイビサクリームが1位。ですが正直なところ、どの商品も成分や効果に関して優秀なものばかりなので順位を付けるのは難しいです。強いて言うならば、1位のイビサクリームはとにかくデリケートゾーンの黒ずみにこだわって作られているという点では効果のレベルが違います。

とはいえ、2位以降の商品に関してもどれを使っても間違いなく効果に期待できるものばかりです。
デリケートゾーンの黒ずみにどのクリームを使えば良いの?と悩むならば、商品に求めるスペック(黒ずみだけでなくニオイ対策もしたいなど)や料金などのバランスを考えて決めてはいかがでしょうか?

薬局で買えるデリケートゾーンの黒ずみクリーム

薬局部門では、べっぴんボディバージンホワイトが1位でした。もともと薬局やドラッグストアでは、デリケートゾーンの黒ずみに特化した商品は少ないのが現状です。なので、べっぴんボディバージンホワイトのようにデリケートゾーンの黒ずみに特化した商品はとても貴重です。

そのうえ、成分的にはデリケートゾーンの黒ずみを美白できる成分が入っていないのが残念ですが、保湿成分は贅沢に配合されているので、予防にはピッタリです。

デリケートゾーンの黒ずみケアの市販クリーム|薬局と通販の違いは?

薬局と通販で買えるデリケートゾーンの黒ずみの市販クリームの違いは、2つあります。

薬局のデリケートゾーンの黒ずみクリームには美白成分が入っていない

薬局やドラッグストアで市販されているデリケートゾーンの黒ずみクリームには、黒ずみを美白するための成分が入っていません。保湿成分は入っているので、肌の保護をして今以上に黒ずまないようにはできるのですが、解消はできないので注意が必要です。

薬局やドラッグストアで買うときに他人の目が気になる

ほとんどの女性がデリケートゾーンの黒ずみという悩みについて、恥ずかしくて人に知られたくない!と思っています。だからドラッグストアなど人がいるところで商品を手に取るのには抵抗があるのですね。

こうした状況から、一般的な化粧品会社や医薬品メーカーでは、デリケートゾーンの黒ずみ対応の商品についてはあまり関与していません。このため、薬局でデリケートゾーンの黒ずみケアに対応しているクリームなどを購入しようとすると、一般的な美白成分が配合されているものを購入するか、数少ない体の黒ずみに対応している市販のクリームから商品を選ぶことになってしまうのです。

薬局やドラッグストアより通販で買うのが良い理由

通販に関してはそれぞれのメーカーが、商品を販売しているので人に知られることなくゆっくりと商品を選べます。

デリケートゾーンの黒ずみケアのクリームを販売している通販メーカーのほとんどは、デリケートゾーンの黒ずみという悩みに絞り商品を開発、販売しています。このため、本気でデリケートゾーンの黒ずみを解決したいと考える場合には、通販の商品から選んだほうが結果的に効率の良い改善につながるという見方になります。

デリケートゾーンの黒ずみ解消方法|市販クリームでも効果あり?

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法は市販クリームだけではありませんね。ボディソープや石鹸、化粧水などでもデリケートゾーンの黒ずみをケアするアイテムがたくさんありますが、なかでももっとも効果的なのはクリームなのです。その理由を今から説明します。

デリケートゾーンの黒ずみ解消成分を多く配合できるクリーム

肌に使用するスキンケアには洗顔や化粧水、乳液やクリームなどがありますが、構造上、有効成分をもっとも多く閉じ込められるのがクリームになります。デリケートゾーンの黒ずみに使用されるのは主に美白成分などになります。

そして、この美白成分をどれだけ多く含有できるかで肌への効果も違ってきます。化粧水とクリームの場合には圧倒的にクリームのほうが成分をたくさん配合できるため、結果的に肌への効果が表れやすいのはクリームとなります。

デリケートゾーンの黒ずみ部分の皮膚は過多いからクリーム

黒ずみができてしまっている部位の皮膚は硬くなっています。そして硬くなっている皮膚は水分が浸透しにくい状態です。ですから、デリケートゾーンの黒ずみ部分を化粧水タイプのアイテムなどでお手入れをしても、なかなか浸透しづらく効果が表れにくいというデメリットがあります。

一方、硬い皮膚にもなじみやすいのがクリームの特性です。クリームなら硬くなっている皮膚にも成分をきちんと届けてくれます。このため、効果が出やすいのです。また、クリームは硬くなった肌を滑らかにする作用もあり、デリケートゾーンの黒ずみだけでなく皮膚のごわつきやカサカサ改善にも効果が期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみ解消のために失敗しない市販クリーム選び方

デリケートゾーンの黒ずみをケアする市販クリームは、今回紹介したもの以外にもたくさんあります。ここでは、失敗しない市販クリームの選び方についてお伝えしておきます。

デリケートゾーン黒ずみの市販クリーム選び方1:効果が期待できる成分

デリケートゾーンの黒ずみを解消する市販のクリームで、もっとも重視するべきは成分です。使用する商品にどんな成分が配合されているかで、効果が変わると言っても過言ではありません。デリケートゾーンの黒ずみは、メラノサイトが活性化してメラニンがたくさんできてしまっているからです。

このため、メラノサイトの活性を抑える成分、いわゆる美白成分が配合されているものを使うのは鉄則となります。美白成分にはビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタなどさまざまな種類があります。

デリケートゾーン黒ずみの市販クリーム選び方2:医薬部外品

医薬部外品とは、厚生労働省で効果が認められた成分が、一定の濃度で配合されている商品の事を指します。効果の期待度としては、化粧品と医薬品の中間で、きちんと使えばそれなりの効果を感じることができるという特長があります。

デリケートゾーンの黒ずみをケアする市販クリームには、医薬部外品とそうでないものがあります。医薬部外品でない商品を選んでしまうと残念ながら効果への期待値は下がります。効果を期待するなら、必ず医薬部外品もしくは薬用と表記のあるものを選ぶようにしてください。

デリケートゾーン黒ずみの市販クリーム選び方3:肌に優しい低刺激成分

デリケートゾーンは体の中でも特に敏感部分。ですから、できるだけ低刺激の成分で作られているものを選ぶようにしましょう。香料や着色料、パラベンやアルコール、鉱物油などは肌に不要な成分です。人によっては、これらの成分が肌トラブルの原因になることも。

せっかくデリケートゾーンの黒ずみを改善しようとしているのに、余計な成分のおかげで肌トラブルになったら台無しですね。こうしたリスクを考え、できるだけ低刺激の成分設計のものを選ぶようにしてください。

デリケートゾーン黒ずみの市販クリーム選び方4:続けられそうな金額

どんなに効果が高くても、経済的負担が大きくなれば続けられません。デリケートゾーンの黒ずみケアの市販クリームは使い続けて効果が出るもの。1個使ったからとすぐに効果は出ないため、ある程度の継続が必要となります。そして、ほとんどの製品は1ヶ月で1個を使用目安としています。毎月きちんと支払える金額か、お財布と相談して決めることも忘れないで下さい。

デリケートゾーンの黒ずみ対策の市販クリーム使い方の注意点

デリケートゾーンの黒ずみをしっかりと改善したいなら、市販クリームを正しく使う必要があります。購入した市販クリーム、どんなことに気を付けて使えば良いのでしょう?

市販クリーム使い方の注意点1:クリームは使う量に気を付ける

デリケートゾーンの黒ずみを1日でも早く治したい!という気持ちから必要以上に多い量を使う方もいますが、残念ながら適量以上を使っても効果は変わりません。成分が肌へ浸透できる量は限られています。

また、適量以上を使う事で肌のべたつきが気になったりすることもあり不快感につながることも。逆に、もったいないからと量を少なく使用するのも効果が出なくなります。必ず決められた使用量を守るようにしましょう。

市販クリーム使い方の注意点2:市販クリームは説明書に従って使う

デリケートゾーンの黒ずみを早く治すポイントは、市販クリームに付いている説明書通りに使うことです。説明書を読むのが面倒だから適当に使っちゃえ!というのは効果が出ない原因につながります。

面倒でも説明書は必ず読むように、そして説明書通りに使うようにしましょう。クリームによって1日の使用回数や使用するタイミングが違いますし、肌へのなじませ方なども違います。忘れずに先ずは説明書の確認を。

市販クリーム使い方の注意点3:生活習慣の改善にも取り掛かろう

デリケートゾーンの黒ずみの市販クリームだけで対策するよりも、生活習慣の改善もした方が黒ずみ解消の効果を感じられやすいです。
ですので、デリケートゾーンの黒ずみの市販クリームに頼らずに、下着の選び方などにも注意しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみの市販クリームQ&A

こちらではデリケートゾーンの黒ずみをケアする市販クリームを購入についてよくある質問をまとめています。

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリームは安いものでも大丈夫?

デリケートゾーンの黒ずみをケアする市販クリームで効果が期待できる商品は

  • 医薬部外品であること
  • 美白の有効成分が配合されていること

以上の2点が必要不可欠な条件です。この2点がきちんとクリアできていれば、安い市販クリーム(1,000円以下)でもデリケートゾーンの黒ずみは改善可能と言えなくはありません。

ただし、以上の2点がクリアされていたとしても、

  • デリケートゾーンでも安心して使える低刺激成分を厳選している
  • デリケートゾーンの黒ずみ部位に浸透しやすい処方をしている
  • デリケートゾーンの黒ずみに特化した研究のもと成分が配合されている

など、デリケートゾーンの黒ずみにターゲットを絞って作られた商品となると、なかなか安い金額で探すのは難しいかな?というのが正直なところです。

普通のボディクリームでも美白タイプならデリケートゾーンの黒ずみケアになる?

ボディクリームの成分に美白成分が配合されていれば効果はないとは言えません。しかし、本気でデリケートゾーンの黒ずみをケアしたいならデリケートゾーンの黒ずみに特化した商品を使う事をおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみには様々な原因が関係しています。皮膚の構造もほかのボディ部位と異なります。こうした事を色々と研究しながら作られているのが、デリケートゾーンの黒ずみ対策商品です。ですから、一般的なボディクリームよりも効率よく効果が得られるということになります。

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリームでアソコの痒みはなくなる?

皮膚の黒ずみと痒みの原因は異なります。ですから、黒ずみをケアする成分では痒みを改善することはできません。もしも、デリケートゾーンの痒みが気になるのでしたら、痒みを抑える成分が一緒に配合されている市販クリーム、もしくはデリケートゾーンの黒ずみケアの市販クリームとは別に痒みケアのクリームなどを使用することをおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみ市販クリームはIライン(デリケートゾーン)にも使える?

一般的にデリケートゾーンと言うと、人に見られたくない部位をイメージしますね。当然、VIOのうちIライン付近のデリケートゾーンのひだなどもデリケートゾーンの部類に入ります。しかし、残念ながらほとんどのメーカーでは、Iライン(デリケートゾーンのひだ付近)にはおすすめできないとう見解です。理由は、Iラインが粘膜に使い部位だからです。

粘膜は非常にデリケートで、ちょっとの事でもすぐに傷が付いてしまいます。そして、傷が付ことでさまざまな菌が簡単に侵入、炎症につながってしまうのです。粘膜に近いIライン付近にクリームをつける時に、誤って爪などで粘膜に傷が付いてしまえば黒ずみどころの話ではなくなります。

また、粘膜は他の部位に比べて神経が敏感です。同じクリームでもビキニラインなどは平気なのに、粘膜に使ったら痛みや痒みが生じることもあります。こうしたリスクを懸念して多くのメーカーはIラインにはおすすめしないと言うコメントを出しています。

デリケートゾーンの黒ずみの原因徹底解明

デリケートゾーンの黒ずみの原因について解明していきます。意外と知らないこともあると思います。

デリケートゾーンの黒ずみの原因にはメラノサイトの活性化が深く関係している

デリケートゾーンの黒ずみに限らず、私たち人間の皮膚が黒くなる、またはシミやそばかすができてしまうのはメラノサイトという細胞によるものです。何かのきっかけでメラノサイトが必要以上に刺激をされると黒ずみの元、メラニンが大量に作られてしまいます。

メラノサイトが刺激をされるのは、紫外線を浴びたり、皮膚が炎症を起こしたり、摩擦を起こしたりする事が原因です。デリケートゾーンが黒ずんでしまうのは、こうしたことが大きく関係しているのですね。

デリケートゾーンの黒ずみの原因1:下着の摩擦や衣類の締め付け

デリケートゾーンの黒ずみの原因で、もっとも多いのが、下着の摩擦や衣類の締め付けなどです。毎日穿いているショーツは、長時間デリケートゾーンに触れているため、摩擦が生じ、メラノサイトを刺激、黒ずみの原因になっています。

特に、サイズの小さい下着やガードルなどは、肌への締め付けが強いため摩擦が起きやすいです。また、スキニーパンツなどもデリケートゾーンを締め付けることになり、デリケートゾーンの黒ずみ悪化につながります。

このほか、生理ナプキンやおりものシートを着用することで、シートと皮膚に摩擦が生じてしまうこともメラノサイトの活性化、黒ずみにもつながります。

デリケートゾーンの黒ずみの原因2:カミソリや毛抜きでの自己処理

カミソリでムダ毛を剃ると、ムダ毛と一緒に肌の表面の角質層まで一緒に削られてしまいます。そして、これが炎症となりメラノサイトを活性化、黒ずみとなってしまうのです。日頃からビキニラインのムダ毛などをカミソリで剃っていると黒ずみにつながります。

毛抜きでの自己処理も黒ずみ悪化につながります。毛抜きでムダ毛を抜くと毛根が刺激をされ痛みを感じますね。この痛みと同時に皮膚内部の炎症が生じてしまい、メラノサイトが刺激され、皮膚の黒ずみになってしまうのです。特に、ビキニラインのムダ毛は太く、毛抜きで抜いた時の刺激も強いため、炎症も起きやすく黒ずみになりやすいと言えます。

デリケートゾーンの黒ずみの原因3:ホルモンバランスの乱れ

ホルモンのバランスが乱れる事で、デリケートゾーンの黒ずみが悪化することがあります。女性の体には、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが存在しています。そして、この2つのホルモンバランスが乱れてしまうとメラノサイトを活性化させてしまい、黒ずみやシミを濃くしてしまうことが判明しています。

ホルモンバランスは生理や妊娠中に乱れやすくなりますが、これ以外にもストレスや不規則な生活などもホルモンバランスを乱す原因になります。

デリケートゾーンの黒ずみ解消方法

デリケートゾーンの黒ずみ解消方法を紹介します。ここに書かれていることを忠実に実行すればデリケートゾーンの黒ずみ早期解決につながります。

デリケートゾーンの黒ずみの解消方法1:市販のクリームでケア

できてしまったデリケートゾーンの黒ずみは放っておいても治りません。黒ずみの原因となるメラノサイトに働きかける成分をしっかりと与えることが、デリケートゾーンの黒ずみ解消の早道です。

そのために市販のクリームを使う事をおすすめします。数あるデリケートゾーンの黒ずみをケアするアイテムの中でも今回紹介している商品はすべて実力派のものばかりです。商品選びで悩んでしまうという方はランキングの中から選ぶと良いでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみの解消方法2:下着の選び方にも注意

締め付けの強い下着やスキニーパンツは皮膚との摩擦が生じてしまいデリケートゾーンの黒ずみにつながります。また、ナイロンなどの素材は皮膚がかぶれることがあり、デリケートゾーンの黒ずみを助長する原因にも。こうした事を考えると、下着は締め付けの少ない、コットン素材のものがおすすめです。ガードルやスキニーパンツなども極力避けてくださいね。

合わせて、生理中のナプキン使用はムレや痒みによる炎症が生じてしまい、ここから黒ずみにつながることもあります。タンポンの使用については賛否両論ありますが、デリケートゾーンの黒ずみについてだけ考えるなら、ナプキンは使わずにタンポンの使用をおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみの解消方法3:生活習慣にも気を付ける

寝不足やストレス、不規則な生活などはホルモンバランスの乱れにつながり、デリケートゾーンの黒ずみを悪化させてしまいます。日頃から規則正しい生活を心がけることも大切です。睡眠時間に関しては、最低でも6時間は確保できるようにしましょう。22:00~2;00の間はお肌の細胞が修復される時間です。ですから、できるだけこの時間帯に深く眠りにつくことでデリケートゾーンの黒ずみが改善されやすくなります。

また、日頃からストレスを感じている場合には、自分なりのストレス発散を見つけることもデリケートゾーンの黒ずみ対策では大切です。

まとめ:デリケートゾーンの黒ずみを市販クリームで克服して女子力アップ

デリケートゾーンの黒ずみについて市販クリームの紹介や原因と解消方法などを説明しました。

デリケートゾーンの黒ずみ解消には、市販の黒ずみクリームがおすすめです。
この黒ずみクリームは、以下のポイントで選ぶようにしましょう。

  • 黒ずみ解消成分が配合されている
  • 医薬部外品(薬用)である
  • 低刺激処方である
  • 経済的負担にならない

デリケートゾーンの黒ずみは、2週間や3週間で綺麗さっぱり無くなることはないですが、ネットで市販されている黒ずみクリームを2-3ヶ月塗り続けることで解消できます。

諦めないで1日朝晩の2回塗るなどしっかりケアをして、デリケートゾーンの黒ずみを解消しましょう。